印刷業界ニュース ニュープリネット

トッパン・フォームズ 飲食店のメニュー選びの気持ちを科学的に解明する研究行う

2018.9.13

img_165614_2 img_165614_1トッパン・フォームズは、慶應義塾大学満倉研究室とサイゼリヤとの3社で、視線計測装置および満倉研究室が開発した簡易型脳波計を用いた感性計測装置「感性アナライザ」を使い、複数の選択肢からメニューを決定する際の生活者の視線や感性についての共同研究を行った。その結果、「メニューを決めるまでの生活者の気持ちの動き」を科学的に明らかにすることができたと発表した。

 

img_165614_3

今回の実験では、被験者に実際のメニューブックを見てもらいながら、注文するメニューを決めてもらい、その際の視線と感性を、計測装置で取得。実験後にはインタビューも行われた。実験は、サイゼリヤの実店舗で行われた。

研究ではまず、注文に至るまでの脳波を「興味度」「好き度」「ストレス」の感性に置き換えて可視化。さらにメニューブックを見ている時の視線の動きやインタビュー結果を組み合わせて分析。それにより生活者の気持ちの動きという目には見えないものを、科学的に把握することができましたとしている。

img_165614_4今回の共同研究成果をもとに、サイゼリヤでは生活者にとって分かりやすく、より注文しやすいメニューブックづくりに繋げていく。

またトッパン・フォームズでは、生活者にとってより分かりやすく、事業者にとっても販売促進の効果を向上させるツールの制作に貢献するとともに、「感性分析サービス」を提供。それにより、今後も生活者の感性や行動に焦点を当てたマーケティング支援を行っていく。

なお満倉研究室とトッパン・フォームズは、視線計測、感性計測、行動観察、インタビューなどを組み合わせて生活者の嗜好性を把握し、さまざまなコミュニケーションツールの評価と改善を行うための調査手法を確立し、特許出願を行っていく。