印刷業界ニュース ニュープリネット

大日本印刷 レシート情報をデジタル・マーケティングに活用

2018.5.24

大日本印刷は生活者の買い物の履歴であるレシートに記載された情報を抽出・加工し、マーケティングデータとして活用する「お買い物レシート統計」を開発した。ESRI

商圏分析イメージ

商圏分析イメージ

ジャパンのGIS(地理情報システム)と連動させて、自社の販売状況だけでなく、他社を含む特定地域の購買実態を視覚的に把握できるサービスを開始する。

新サービスではESRIジャパンのクラウドGISサービス「mapDISCOVERY」がもつ商圏リテール分析機能に、大日本印刷の「お買い物レシート統計」データを同サービスのオプションとして提供する。大日本印刷が提供する統計データを加えることで、特定のエリアの生活者の購買実態を地図データ上に視覚的に表示して分析できる。分析に利用するレシート情報は毎月更新する。