印刷業界ニュース ニュープリネット

FFGS 軟包装用UVインクジェット機『Jet Press 540WV」を発売

2017.10.31

Jet Press 540WV

Jet Press 540WV

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズは、『FUJIFILM Inkjet Technology』の一つである富士フイルム独自の画像形成技術「EUCON Technology(ユーコン・テクノロジー)」を搭載した裏刷り・ラミネート有りの軟包装用途向けUVインクジェットデジタルプレス『Jet Press 540WV 』を、国内市場向けに富士フイルムデジタルプレスを通じて発売した。

従来のUVインクジェット方式のデジタル印刷機は、フィルム系の基材に印刷した場合に、インクのにじみや臭気の残留が起きやすく、食品や生活用品などのパッケージには活用しにくいという問題があった。新製品はにじみや臭気の低減を実現する「EUCON Technology」を搭載。軟包装の裏刷り用途に対応した。

『Jet Press 540WV』は、信頼性に優れた搬送方式により、フィルム系の基材に対して高精度で安定した出力が可能。CMYKWの5色で毎分50メートルの生産性を発揮する。また、乾燥方式はLED-UV硬化のため、熱による基材への影響や電力消費量が抑えられる。さらに、版の作成・交換が不要になるほか、わずか15分以内でジョブ切替が可能なため、オペレーターの負荷軽減、作業環境の改善を図ることができる。

システムの要となる「EUCON Technology」は、新開発のUVインク『Uvijet MK』と、インクのにじみを防止する「下塗り技術」、UVインク特有の臭気を大幅に低減する「窒素パージ技術」という3つの技術で構成される。