印刷業界ニュース ニュープリネット

大日本印刷 ECサイトや印刷物向けに写真画質を自動補正、Color Essenceサーバーを発売

2016.2.10

大日本印刷は、スマートフォンやデジタルカメラで撮影した写真の色調のバランスやコントラストなどを自動的に調整し、最適な画像に補正する「DNP画像色補正サーバーソフトウェア dnp」を発売した。ECサイトや印刷物に使用する写真データを管理するシステムに本ソフトを連携させることで、より綺麗な写真画像を手軽に生成することができる。

新製品は、同社が開発した写真画像を自動補正するプログラム「DNP画像色補正ライブラリ」を画像処理エンジンとして組み込んだソフトウェア。写真データを管理するサーバーにインストールすることで、画像補正を自動的に行う。まず、同ソフトウェアで管理する入力フォルダと出力フォルダを作成し、入力フォルダにデジタルカメラやスマートフォンで撮影した画像を登録するだけで、出力フォルダに色補正された画像が自動的に生成される。画質向上のためのさまざまな補正機能を搭載しており、幅広い色補正のニーズに応える。また、全自動で補正処理を行うため、色補正に関する専門的な知識や操作は必要ない。