印刷業界ニュース ニュープリネット

ハイデルベルグ 2021年のトレーニングがスタート、重要度増すIT関連の知識も提供

2021.9.17

 

ハイデルベルグの“トレーニングイヤー”が、9月1日から始まった。約122人の若い男女が、ウィスロッホ-ヴァルドルフ、ブランデンブルク、アムシュテッテン、ルートヴィクスブルクにあるハイデルベルグの4つの拠点のいずれかで、トレーニング、またはデュアルスタディプログラムに参加する。ウィスロッホ-ヴァルドルフだけでも85人以上の研修生が新しく設計し直されたトレーニングセンターで学習する。

01_Start_Ausbildung_Heidelberg

約85人の若者がウィスロッホ-ヴァルドルフのハイデルベルグの拠点でトレーニング/デュアルスタディプログラムを開始した

 

トレーニング内容は、現在、多数の技術、ビジネス、および学際的なコースとともに、11種類の職業のために提供されている。トレーニングの焦点は生産関連のキャリアにある。例えば、メカニック、メカトロニクスエンジニア、エレクトロニクスエンジニア、またはロジスティクスのトレーニングなど。IT関連の職業の重要性はさらに増し、提供されている関連するトレーニングオプションも成長を続けている。ITスペシャリストのためのトレーニング場所の数も、4つから5つに増えている。

 

「私たちのビジネス情報システムの学生は、実践的な環境でITとビジネスサイエンスについてすべてを学ぶ機会があります。彼らの興味や能力によっては、ハイデルベルグに関連する最新のIT関連のトピックに特化する可能性もあります。これらの学生と卒業生は、通常、当社のデジタル変革において重要な役割を果たしています」と、ウィスロッホ-ヴァルドルフで職業訓練を担当するアンドレアス・ブルーム氏は述べている。

人工知能は、IT関連の職業でもその存在感を感じさせているが、印刷機のエンドツーエンドの運用や自動化されたカスタマーコンサルティングにおいて、ますます重要になっている。ハイデルベルグは、電気自動車、プリンテッドエレクトロニクス、ソフトウェアエンジニアリングなどに関連する実践的なプロジェクトの形で、最初から会社の将来に焦点を当てた活動に研修生と学生の両方を巻き込んでいる。

02_Ausbildungszentrum_Wiesloch

2021年のトレーニング開始に備えて、ウィスロッホ-ヴァルドルフのトレーニングセンターを新たに設計し直した

 

今回、人員が大幅に減少したにもかかわらず、ハイデルベルグは今年、トレーニング場所の絶対数を約5分の1増やした。人口動態の変化と会社のすべての分野のデジタル化の進展により、従業員が必要とするスキルは絶えず進化しており、ハイデルベルグは 要件に沿って、今後数年間で研修生と学生のためにさらに多くの場所を提供する予定であるとしている。

 

なお、2022年9月からスタートするトレーニングおよび学習プログラムの申し込みがすでに行われている。ハイデルベルグのトレーニングに関しては、学校の成績だけが決定要因ではなく、同様に重要なのは応募者の社会的スキル、性格、およびキャリアに対する態度であるという。(ハイデルベルグでの職業訓練と申し込みの詳細については、ハイデルベルグ本社の Web サイトを参照)