印刷業界ニュース ニュープリネット

レポートオーシャン 世界の紙・板紙パッケージ市場は2026年までに4,130億ドルに、アジアが市場を牽引

2021.8.20

市場調査レポートプロバイダーのReport Oceanは、世界の紙・板紙パッケージ市場について新しい調査結果を発表している。それによると世界の紙・板紙パッケージ市場は、2026年までに4,130億ドルに達すると予測している。

特に2018年時点で、食品・飲料分野が収益面で最も高い紙・板紙パッケージ市場のシェアを占め、アジア太平洋地域が世界の紙・板紙パッケージ市場の収益に大きく貢献するとしている。

生産者が環境保護やエネルギー最適化プログラムに多額の投資を行い、生分解性パッケージソリューションの使用や物流・輸送の改善を目的とした取り組みと相まって、紙・板紙パッケージ市場の成長を大きく後押ししている。ブロードバンドインターネットの普及、スマートフォンの利用、技術志向の高い消費者の増加に伴う電子商取引の拡大は、紙・板紙パッケージ市場の成長をさらに後押しする。持続可能な包装ソリューションへの需要の高まりと、生分解性のない包装材の使用に対する厳しい規制が、紙・板紙包装市場の成長を後押している。

名称未設定 1 のコピー

 

Report Oceanは、小売業界の成長、現代的な小売手法、小売業者による店舗内や流通の効率化に向けた取り組みの増加は、予測期間中に小売対応パッケージのトレンドを増加させるとしている。

紙・板紙パッケージ市場に参入している様々なブランドが、棚へのアピールやブランドの露出を高めるためにスマートパッケージを採用。これらの企業は、特殊なグレードの高印刷性ライナーボードを使用して、視覚的にインパクトのあるパッケージを製造している。また、スマートフォンのアプリやコードを利用した新しいマーケティング手法が消費者を惹きつけるために利用されており、紙・板紙パッケージの市場規模は拡大している。

 

また紙製パッケージは、食品・飲料業界において、食品の収容、保護、保存のために重要な役割を果たしているとも指摘している。

紙パッケージは、食品の包装にシンプルで経済的な方法を提供すると同時に、製品情報を提供し、製品の販売、消費、使用、廃棄に影響を与える。2018年4月、テトラパックは、食品・飲料メーカー向けに新しい包装材のエフェクトを揃えた「Tetra Pak Artistry」を発売した。エフェクトには、ホログラム効果をパッケージに組み込むための「Tetra Pak Reflect」、メタリックな効果を生み出すための「Tetra Pak Metallized」、木の繊維が入った裸の板紙のような自然な外観をパッケージに与えるための「Tetra Pak Craft」がある。これらの効果を利用することで、ブランドは、新しいパッケージフォーマットに切り替えたり、新しい設備に投資したりすることなく、消費者の関心を引くことができる。

 

エリアで見ていくと、アジア太平洋地域は、2018年に売上高ベースで最も高い紙・板紙パッケージ市場のシェアを獲得し、予測期間を通じて世界の紙・板紙パッケージ市場をリードすると予想されている。人口の増加、可処分所得の増加、伝統的な市場から、特に食品分野におけるパッケージ化された消費財の購入への移行が、この地域における紙・板紙パッケージ市場の成長の採用を加速させる。

同地域では、食品・飲料、フードデリバリー業界が大きく台頭。中でも特化したオンデマンドのO2O(オンライン・ツー・オフライン)デリバリー市場は、紙・板紙パッケージ業界に多くの機会をもたらしている。

 

主要プレイヤー

なお、紙・板紙パッケージレポートに掲載されている有名企業は、International Paper Company、Nippon Paper Group Inc.、DS Smith Plc、Mondi Group、Georgia-Pacific Corporation、Amcor Limited、WestRock Company、Clearwater Paper Corporation、ITC Limited、Tetra Pakなど。

これらの企業は、消費者のニーズや要求の高まりに対応するために、新製品を発売したり、他のマーケットリーダーと協力して革新的な製品を発売したりしている。

 

Report Oceanのサイト

https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=5055