印刷業界ニュース ニュープリネット

ハイデルベルグ 欧州の出版印刷会社ウィルコ社が11台のスピードマスターXL106導入へ

2021.6.22

ハイデル‗ウィルコ社

ウィル コ 社 の ボードメンバ ー

ハイデルベルグ社は、ヨーロッパを代表するオランダの出版印刷会社ウィルコ社が11台のスピードマスターXL106に投資することを決めたと発表した。

これは、ウィルコ社が、拠点統合計画とアメルスフォールト市の新しい生産センター建設工事の一環として決めたもの。同社が所有していた主要な印刷機を、合計11台のハイデルベルグの2020ジェネレーションのスピードマスターXL106印刷機に入れ替える。

 

ヨーロッパにおける出版産業は、最大の文化産業の1つであり、推定総市場価値が360~380億ユーロといわれている。ヨーロッパでは毎年50万冊以上の作品が出版されており、書籍業界も非常に多様で、新型コロナウイルス感染拡大にもかかわらず好調に推移している。このポジティブなトレンドが、出版印刷会社にとって、より有利な投資環境をもたらしているというのが、今回の最新設備の背景にある。

強化されたPush to Stopテクノロジーを備えたこれらのオフセット印刷システムには、スピードマスターXL106-8-P専用の4つのモデルを含むさまざまな仕様があり、一部にはLED UVテクノロジーも搭載されている。

 

昨年にもハイデルベルグ社は、アメルスフォールト市のウィルコ拠点に18印刷ユニット、3台の新しいXL106を設置した。さらに合計43印刷ユニットとなる、8台のスピードマスターXL106を発注し、ウィルコ社は最新の2020ジェネレーションのスピードマスターXL106の最大ユーザーの1社になっている。

ウィルコ社は、円滑な工場稼働に欠かせないインキを含む印刷資材の安定的な供給のため、ハイデルベルグとプリントサイトコントラクトも締結。これにより必要な印刷資材が実際の消費量に基づいて必要に応じて提供されるようになる。

アメルスフォールト市の建設工事は今年9月に完了する予定で、その時点で 11 台の印刷機が完全に入れ替えられ、すべての印刷機が新しいウィルコ拠点に設置される。