印刷業界ニュース ニュープリネット

共同印刷 前田青邨画伯「みやまの四季」高級複製画を限定販売

2015.12.3

前田青邨「みやまの四季」

前田青邨「みやまの四季」

共同印刷は、300限定で前田青邨画伯「みやまの四季」の高級美術複製画を制作し、販売を開始した。

前田青邨「みやまの四季」は、大阪・毎日ホール(1995 年にMBS 劇場と改称、1997 年に閉鎖)の緞帳原画として1957 年に描かれた。紅白梅に桜、藤、紅葉、木蓮など日本の四季を彩る木々が一つの画面に表され、梢で憩う小動物、花々の間を渡る鳥に季節の移ろいを重ねた、華やかで幻想的な作品。日本人は、古来より春夏秋冬の中に息づく草花、樹木、そして鳥獣を慈しみ、自然を描いた「花鳥画」を遺してきた。青邨は「その画題を古人がいかに表現したかを知ることによって、自分のもの(絵)を創り上げてゆこうとしている」と語り、古画の勉強とスケッチを重ねてきた。

本体価格185,000 円(税別)

[仕様体裁]

技 法:彩美版Ⓡ、シルクスクリーン手刷り、本金泥使用

限 定:300 部(額装)

画 寸:天地37.0cm×左右65.0cm

額 寸:天地54.5cm×左右82.0cm

額 縁:特製木製額金泥仕上げ、アクリル付き

重 量:約3.6kg