印刷業界ニュース ニュープリネット

丸善ジュンク堂書店 非接触での買い物需要に応え、書店から本を自宅へお届け

2021.2.2

大日本印刷グループの丸善ジュンク堂書店は、小売業向けクイックデリバリーのシェアリングプラットフォームを運営するエニキャリと共同で、DNPグループが運営する紙とデジタルのハイブリッド型総合書店「honto」の通販サイトを利用して、店舗の商品を自宅や指定場所に届けるサービスを2月2日から本格開始した。

同サービスは、全国チェーンの書店では初の試み(当社調べ:2021年1月21日時点)で、開始時の対象エリアは、丸善 丸の内本店、丸善 日本橋店、MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店の周辺地域。

 

コロナ禍をきっかけとした新しい生活様式で、自宅で過ごす時間も増え、読書機会の増加、書籍購買ニーズの高まりなどが見込まれている。またハイブリッド型総合書店「honto」では、生活者が購入したい本を書店の在庫から取り置き、店頭のレジで受け取って購入できる「店舗受け取りサービス」を提供しており、新型コロナウイルス感染防止にもつながる書店の滞在時間削減に貢献している。コロナ禍前の2020年2月と比較し、12月実績では同サービスの利用者数は約1.5倍、利用金額は約2倍となっており、店舗での滞在時間や人との接触を減らして買い物したいという生活者の意識が伺える状況となっている。

 

DNP2021020202

「本の買い物代行サービス」の利用の流れは、hontoの通販サイトで本を選択し、サービス対応店舗を指定して「店舗で受け取る」を申し込むと、店舗での取り置き完了後、依頼者にメールが配信される。次にエニキャリの特設サイトで店舗受け取り依頼をした店舗を選択し、配送可能エリアを確認した後、先に届いていたメールに記載している「お受け取り申込番号」を入力し、配送依頼を行う。すると、配送スタッフが店舗で商品を受け取り、指定箇所に配達。注文した依頼者は配送スタッフへ現金もしくはPayPayで決済する。