印刷業界ニュース ニュープリネット

凸版印刷 「TOPPAN Business Action for SDGs」を策定

2021.1.15

TOPPAN Business Action for SDGs

TOPPAN Business Action for SDGs

凸版印刷は、持続的な社会と同社の「社会的価値創造企業」実現を目指し、SDGs達成に向けた事業での貢献において特に注力すべき分野を特定した「TOPPAN Business Action for SDGs」を策定した。

同社は、2019年11月に「TOPPAN SDGs STATEMENT」を策定・公表し、SDGsの経営への統合と取り組み強化を宣言している。その中で、実現したい社会を「ふれあい豊かでサステナブルなくらし」とし、同社の事業を通じて取り組むべき「事業活動マテリアリティ(重要課題)」を、「サステナブルな地球環境」「安全安心で豊かなまちづくり」「心と身体の豊かさと人のエンパワーメント」の3グループに設定している。

 

今回新たに策定したアクションは、事業活動マテリアリティへの取り組みをさらに加速させるため、麿秀晴代表取締役社長 を委員長とする「サステナビリティ推進委員会」および委員会の下部ワーキンググループ(WG)である「SDGs推進WG」の中で経営層・事業部門・経営企画部門が議論を重ね、3グループそれぞれで特に注力していく分野を特定したもの。この計9つの注力分野は、事業活動マテリアリティの中でも特に同社が持つ独自の技術・ノウハウが強みを発揮できる領域を中心に、2030年の社会を想定したバックキャスティングの考え方を踏まえ、策定されている。
同社は今後、同アクションで定めた各注力分野の取り組みを強化していくとともに随時進捗を報告し、ステークホルダーと共に「ふれあい豊かでサステナブルなくらし」の実現に向けたチャレンジを進めていく。