印刷業界ニュース ニュープリネット

ハイデルベルグ 今秋2つのオンラインイベントを開催、1対1セッションも用意

2020.10.7

ハイデルベルグ・ジャパンは、10月6日、オンライン会見を開き、今秋に行う独・ハイデルベルグ社主催のオンラインイベント「イノベーションウィーク」と、ハイデルベルグ・ジャパン主催のオンラインイベント「Push to Stop 2020」について発表した。

GoToWebinar 000-バウアー社長

あいさつするヨルグ・バウアー社長

 

冒頭、ハイデルベルグ・ジャパンのヨルグ・バウアー社長が登場して挨拶した。バウアー社長は、この間の出来事について触れ、時代はスピーディーに変化しており、ハイデルベルグ・ジャパンもゼロからサービスの在り方を見直し、イノベーションを提案していく姿勢であることを示した。また、drupaの出展を辞退したことについては、展示会は業界情報が一堂に会する魅力的な場所ではあるが、今回は参加者の集まり具合に疑問が残ることを示唆。それに替えて、各国ユーザーに向けた小規模イベントを開催するなど、各国の事情に合わせたイベントや情報発信をしていく方針にあることを告げた。

また、10月と11月に行うドイツ本社と日本の2つのイベントを通じて、リーディングプロバイダーであることを感じてもらえる内容であると紹介。特に、日本向けイベントでは無駄の削減やオペレーターの負荷低減などを可能にする内容で企業をさらに成功へと導く提案を行うほか、日本の働き方改革をサポートし、コロナ禍が収束した後に業界としてベストポジションで仕事ができるような最先端の情報を提供していくと紹介し、2つのイベントへ誘った。

 

なお、ユーザー会であるハイデルフォーラム21のオンラインセミナーも10月29日に行われる。役員改選の報告や新執行部による座談会、ジャパネットたかたの高田会長を招聘しての講演会などが予定されている。

 

20200924_2_HIW のコピー

5 日間のオンラインイベントは、商業・ラベル・パッケージ印刷分野が直面する課題についての知識を共有することに焦点を当てている

【ハイデルベルグ本社主催 イノベーションウィーク】

ハイデルベルグ社は、10月19日から23日まで、オンラインイベント「イノベーションウィーク」を開催する。イベントは、製品ハイライトを紹介するプレゼンテーション、エキスパートトーク、およびデオチャットでの1:1セッションで構成されている。

ハイデルベルグ社は、『Unfold Your Potential(解き放て、ポテンシャル)』というモットーのもと、商業印刷、ラベル印刷、パッケージ印刷分野のため、プロセスのデジタル化によって解き放てるポテンシャルを披露する。これらは、印刷会社の生産性、競争優位性を向上を目指したもので、パフォーマンスを飛躍的に向上させる革新的なテクノロジーをはじめ、新しいビジネスモデル、end-to-endソリューションにより、印刷業界に存在する数々のチャレンジに対する回答を示し、業界を未来にどうフィットさせるかを提示する。

全てオンラインプレゼンテーションで行われ、視聴者は同社のエキスパートに質問も可能。さらには、特別なハイライトとして、35の国々、30の言語、そして15のタイムゾーンでのローカルのハイデルベルグスタッフによる1:1セッションも用意。日本企業向けには、日本語スタッフが対応する。

 

スペシャルサイトhttps://innovationweek.heidelberg.com/jaから、無料で登録ができる。

 

【ハイデルベルグ・ジャパン主催 Push to Stop 2020】

ハイデルベルグ・ジャパンは、11月9日から12日まで、オンラインオープンハウス「Push to Stop 2020 -Unfold Your Potential- (解き放て、ポテンシャル)」を、日本の商業・出版、パッケージ、ラベル印刷業界のユーザーに向けて開催する。オンラインだからできるニューノーマルでのオープンハウスとして、従来のオフラインでは得られなかった情報が得られる、あるいは目にすることができるような新しいオープンハウスにすることを目指しての開催となる。

イベントでは、現在商業・出版、パッケージ・ラベル印刷業界が抱えるペインポイントに焦点をあて、そこに潜むポテンシャル、あるいはポテンシャルを解き放つためのソリューション、ソリューションを実現するために新たに発表されたイノベーションの数々を、東京ショールームに到着したばかりの新製品を使って紹介する。
なお、9日と11日が商業・出版印刷会社向け、10日と12日がパッケージ印刷に向けた内容となっている。午後1時半から昼の部、午後5時10分から夜の部を設けており、約2時間にわたり、印刷ビジネスの隅から隅までの課題と解決策を印刷資材等の情報も添えて提案する。

イベントへの参加には、オンラインによる事前登録が必要。ハイデルベルグ・ジャパンのホームページ、Push to Stop 2020のスペシャルサイトから10月中旬より登録受付開始を予定。

 

日時: 11月9日(月)~12日(木) 昼の部 13:30~/夜の部 17:10 ~
プログラム:
1.挨拶 ハイデルベルグ・ジャパン株式会社 代表取締役社長 ヨルグ・バウアー氏
2.Unfold Your Potential
3.クライアント、プロセス、そして、機械がつながれば
4.人とプロセスに注目する
5.働き方改革をすべての工程で
6.”定額で使う”が選択肢に
*詳細の時間割については後日発表
出展製品:プリネクトプロダクションマネージャー/菊全寸のび判高速サーマルCtPレコーダー スープラセッター106/ターンテーブル搭載デュアルカセットローダー106/菊全寸のび判6色印刷機 スピードマスターXL106-6+L 2020ジェネレーション/全自動ポーラーN 137 PACEシステム断裁機/高速紙折り機 スタールフォルダーKH82-P Push to Stopモデル、他