印刷業界ニュース ニュープリネット

共同印刷 高濃度アルコールに対応可能なアルミ積層構成フィルム

2020.6.3

kyodo共同印刷は、アルコール成分の浸透によってデラミネーション(層間剥離)を起こさず、安全に高濃度アルコール(エタノール)が充填できる食品・飲料向けのアルミ積層構成フィルムを開発し、提供を開始した。

パウチ包装は、「使い切り」や「携帯可能な少量包装」、「業務用の大容量包装」などの生活者ニーズにも柔軟に対応することができる。一方、食品に適した材料を用いたアルミ積層構成フィルムに濃度の高いアルコールを入れると、アルコール成分の浸透によってデラミネーション(層間剥離)が起こりやすくなる。

開発したアルミ積層構成フィルムは、アルミ積層部のラミネート強度を低下しづらくする独自技術により、その課題を解決。高濃度のアルコール成分を含む食品や飲料を、パウチ包装に安全に充填することが可能になる。