印刷業界ニュース ニュープリネット

鈴木紙工所 地元・弥富の文鳥文化を応援する紙製しおり「もちっとぶんちょう」を新発売

2019.4.19

文鳥をモチーフにした紙製栞「もちっとぶんちょう」

文鳥をモチーフにした紙製栞「もちっとぶんちょう」

愛知県弥富市で紙製品の加工製造を行う鈴木紙工所は、5月より、地元・弥富市の特産である文鳥をモチーフにした紙製栞「もちっとぶんちょう」を発売する。

 

弥富市は金魚の特産地として有名だが、白文鳥発祥の地として文鳥養殖の長い歴史と文化も持つ地域。しかし近年は、文鳥農家が激減し、現在、市内に2軒のみを残す状況となり、文鳥組合はすでに解散している。
しかし、そうした中で、隣接する愛西市の佐屋高校の学生達が文鳥の繁殖プロジェクトを数年前に発足させ、農家の繁殖技術を承継しようと奮闘している。加えて、弥富市歴史民族資料館では、文鳥職員の「ぶんちゃん」が昨年5月に誕生し、その愛くるしい人懐こさから、改めて多くの文鳥ファンが弥富市に注目し、訪れるなど、そのきっかけづくりに貢献している。

こうした動きがある中、弥富に訪問した文鳥ファンが記念として持ち帰ってもらえるような土産品が少なく、文鳥にまつわる商品もほとんどないという状況だった。

 

そこで、地元で長年事業を営んでいる企業として、全国の文鳥ファンに喜んでいただける文鳥グッズを開発することになった。商品開発にはSNSを活用し、試作品をFacebookやツイッターなどに披露して、文鳥ファンの意見も反映させて制作。商品ラインナップは4種類。
賞品は「amazon」「mine」などの同社Web店舗で、5月より販売する。

なお発売を記念して、5月11日、弥富市内で開催されるイベント「音フェス&文鳥マルシェ」にて出店販売する。さらに、イベント当日に来場できない遠方の文鳥ファンに配慮して、4月16日からクラウドファウンディングにて、本商品の頒布プロジェクトを実施している。(同プロジェクトは、AMPFIREにて4月21日曜日、23:59締切)

クラウドファンディング当該プロジェクト

https://camp-fire.jp/projects/view/148611