印刷業界ニュース ニュープリネット

ジャグラ 「2020 子年 年賀状デザインコンテスト」で4月1日から作品を募集

2019.3.22

年賀状デザインコンテストのチラシ

年賀状デザインコンテストのチラシ

日本グラフィックサービス工業会(ジャグラ)は、7回目となる年賀状デザインに向けたコンテスト「2020年 子年 年賀状デザインコンテスト」の作品の募集を、4月1日から開始する。(締め切りは6月8日)

 

同コンテストは、年賀状デザインを広く公募し、優秀作品を表彰するほか、受賞作品はジャグラホームページでも紹介。加えてジャグラ会員企業によって実際の年賀状デザインとして利用される。(ジャグラ会員は無償で商用利用できる)

募集部門は、「カラー部門」「モノクロ部門」「学生部門」「喪中案内部門」の4部門。応募作品の中から、ジャグラ会長賞をはじめ、部門賞や協賛企業賞、優秀賞、作品賞など計100点を表彰。賞金総額はジャグラ会長賞(カラー部門/モノクロ部門/学生部門から各1点)の各5万円を含め70万円に上る。

 

応募資格は、ジャグラ会員企業および一般企業や個人で、学生部門についてはデザイン専門学校及び美大の学生。審査基準は、デザイン性、絵柄と余白のバランス、汎用性の3つとしている。主催者側の要望として「前回の入賞作品を、実際の年賀状商戦に利用した皆さんに乾燥をお聞きしたところ、“企業向けの上品なデザイン”や“年配者も好む落ち着いたデザイン”“添え書きのスペースを確保してほしい”という意見が多かった」とのことである。

同コンテストの今後のスケジュールは、応募期間が4月1日から6月8日まで、結果発表は7月12日。表彰式は11月15日開催のジャグラ全国協議会で行う。

詳細は、年賀状コンテスト特設サイトで紹介している(http://www.jagra.or.jp/nenga2020/)。