印刷業界ニュース ニュープリネット

グラフテック ラベルプリンターLCX1000シリーズの内覧会を4月12日に開催

2019.3.13

内覧会のチラシから

内覧会のチラシから

グラフテックは、ラベルプリンターLABELROBO LCX1000シリーズの内覧会を、4月12日に同社東京事業所で開催する。(申込制)

 

LCX1000シリーズは「少量ラベルを欲しいときに欲しい分だけを簡単に作成する事」をコンセプトとしたラベル作成システム。

高速・高耐久の電子写真方式デジタルラベルカラープリンター「DLP1000」と、ラミネート仕上げ、フリーサイズカット、カス上げ、スリット、巻き上げ機能を搭載した デジタルラベルフィニッシングカッター「DLC1000」の2商品で構成されている。この印刷から後加工まで同一メーカーでシステム化されている製品は、弊社のみの提供となる。

LCX1000シリーズは、PCからだけではなく、DLPのタッチ スクリーンからコントロールが可能。プリント・カットデータは、DLP1000の大容量サーバーに保存でき、カッティングデータをサーバーから呼び出すことでDLPのオペレーションパネルからカッターを制御でき、ラベル印刷から後加工への作業移管がスムーズに行える。PCからだけではなく、DLPのタッチスクリーンからDLC1000最大8台の制御が可能。印刷後、ロールをDLC1000にセットし、DLP1000から カットデータの送信ができ、作業効率がアップする。

 

内覧会では、その他に高耐久性ラベルLCX603シリーズ、自動給紙モデルのCE6000-ASFなどの実機も展示して紹介する。

なお、内覧会へは申込みが必要。

 

<LABELROBO LCX1000シリーズ内覧会> *要申込み

実施日:4月12日(金)9:30~17:30まで
会 場:グラフテック株式会社 東京事業所 (東京都中央区日本橋久松町12-8ドッドウエルビル2F)

問合せ先:情報機器営業本部 東日本營業2課 岩本(jiwamoto@graphtec.co.jp)