印刷業界ニュース ニュープリネット

ユポ・コーポレーション 「ユポグリーン」の厚手タイプの新製品「FFBG 300」を3月1日に発売

2019.2.18

ユポ・コーポレーションは、バイオマス樹脂を原料に配合した素材「ユポグリーン」の厚手タイプ「FFBG 300」を3月1日から販売する。新発売の「FEBG 300」は、同社の代表製品である「ウルトラユポ」の厚手タイプ(FEBA 300)にバイオマス樹脂を配合したもので、メニュー、カタログ、POP、名刺など厚みが求められる商業印刷分野に適した製品。

 

従来からある合成紙のユポは、石油由来のポリプロピレン樹脂と無機充填剤を主原料としているが、「ユポグリーン」は石油由来樹脂の代替えとしてオレフィン系のバイオマス樹脂を一部配合した新シリーズ。従来と同等の品質性能で、温室効果ガス(CO2)排出量削減に寄与する環境配慮型の製品。

なお同社では、今後、「スーパーユポ」などのユポ製品にも順次バイオマス樹脂を配合し、「ユポグリーン」シリーズのラインナップを拡充していく予定。例えば2019年秋には「ウルトラユポ」のほかの厚みや、「スーパーユポ」「アクアユポ」にもバイオマス樹脂を配合する予定で、これによりポスターや地図、包装しなどの用地への展開が可能になる。