印刷業界ニュース ニュープリネット

SCREEN GA 業界トップクラスの生産性の24ページサイズハイグレードCTP「24000Nシリーズ」開発

2019.2.18

PlateRite Ultima 2400Nシリーズ

PlateRite Ultima 2400Nシリーズ

SCREENグラフィックソリューションズ(SCREEN GA)は、最新のGLVTM露光ヘッドを搭載し、1,652×1,325㎜のプレート使用時に1時間当たり最大35版の高生産性と優れたコストパフォーマンスを実現したA4-24ページサイズ対応のサーマルCTP装置「PlateRite Ultima(プレートライト アルティマ)24000Nシリーズ」を開発し、2019年3月から世界市場に向けて販売を開始する。

 

近年、海外市場を中心に印刷物の生産効率を高めるため、複数のジョブを一度に効率的に印刷できる大サイズ対応印刷機を活用するケースが増加している。こうした動向を背景に、「PlateRite Ultima 24000シリーズ」の対応刷版サイズをニーズに合わせて最適化するとともに、高生産性、コストパフォーマンスなどをさらに追求した「PlateRite Ultima 24000Nシリーズ」を開発した。
同シリーズは、光学系を改良した最新のGLVTM露光ヘッドの採用により、独自のハイブリッドスクリーニング「Fairdot 2」の出力に対応し、より幅広く、高精細な印刷表現を可能にした。1,024ch露光ヘッドを搭載したZモデルは1時間当たりのプレート出力が現行モデル(PlateRite Ultima 24000SX)の27版から最大35版へ、512ch露光ヘッド搭載のSモデルは現行モデル(PlateRite Ultima 24000S)の22版から24版へと生産性が向上。プレートサイズは、最小650×490mmから最大1,652×1,325mmに対応しており、大サイズ対応印刷機の刷版サイズを幅広くカバーしている。
また、マルチカセットオートローダー「MA-L40000」は、最大300枚(0.3㎜厚プレートの場合)のプレートを自動供給できるため、長時間連続運転を実現する。

同じサイズのプレートを大量にセットできるSkidオートローダーも新たに開発予定。さらに、先進のオンライン保守サポートサービス「TRUST Network Service」を利用することで、装置の安定稼働を支援する。