印刷業界ニュース ニュープリネット

【page2019】光文堂 “NEXT WAVE 新たな挑戦~変わらないために変わり続ける~”

2019.2.5

KBD きらり

KBD きらり

光文堂は“NEXT WAVE 新たな挑戦~変わらないために変わり続ける~”をテーマに、page2019で、後加工・特殊加工機の展示やAIソリューション、生産性向上のためのシステムなどを提案する。

ブースでは、ゴールド箔対応のデジタルUVスポットニスコータ『KBD きらり』や、空間ディスプレイでサプライズ表現が可能な『KBD Air Solution』、AIを使った原稿作成アシストシステム『KBD AI Solution』、校正アプリケーションソフトの『KBD BitMatch Pro』、ランダムな可変データが簡単に作成できる『KBD Security VariPrint』などを出展する。

『KBD きらり』は、小ロットとロングランどちらにも適したインクジェット方式のデジタルコーティングシステム。標準装備のコロナ処理で様々な印刷物に対応できる。箔押しは、UVスポットニスとの融合で高品質かつ立体的な付加価値を印刷物に付与する。スポットニス用データは一般的なデザイン用データのBMP、TIFF、PDFなどに対応。品質は用紙位置をマークで読み取り、正確にニスの見当を合わせる。指定した補正値以上のマークズレなどがあった場合、ニスは塗布されない仕組みとなっている。

『KBD Air Solution』は正確な操作精度と、専門知識不要で3Dコンテンツを使ったサイネージ表現を可能にする空間ディスプレイ。空中に浮かぶコンテンツがアイキャッチ性を高め、強い情報伝達力を発揮するほか、新たな形のサイネージやアミューズメントの活用が可能となる。

『KBD AI Solution』は、AI(人工知能)を使った原稿作成アシスシステム。印刷業界の記事作成は、議会の議事録から広報やタウン誌まで多種多様にある。その原稿を作成する大まかな工程は、取材や音声データの文字起こしと、文字起こしした原稿の重要箇所を抽出しながら要約し、紙面に合わせた文字数を調整する2つのパターンがある。同製品は、この「文字起こし」と「要約」にAIを使用し、原稿作成を強力にアシストする。

『KBD BitMatch Pro』は、目視確認で見落としがちな細かな差異を確実に見つけ出し、校正ミス防止に貢献する。

『KBD Security VariPrint』は、素早く簡単に大量のランダム可変セキュリティデータを作成できる。デジタル印刷機のショートラン対応と可変印刷のメリットを活かすための付加価値として、ランダムなテキスト、バーコードなどのデータを高速、大量に作成し、様々な表現を可能にする。