印刷業界ニュース ニュープリネット

リンテック 可視光線の反射率を4分の1に抑えた建物用ウインドーフィルム

2018.4.3

施工前(左)と低反射フィルムを窓ガラスの両面に施工後

施工前(左)と低反射フィルムを窓ガラスの両面に施工後

リンテックは、建物用ウインドーフィルム『ウインコス アーキテクチュアルフィルム』の新アイテム『AR-2000』の販売を開始した。新製品はガラス面に貼ることで反射による映り込みを低減し、ガラスの向こう側をより鮮明に見せる低反射フィルム。映り込みの原因となる可視光線の反射率を約4分の1に低減した。飲食店の窓ガラスや店舗のショーウインドー、美術館のショーケース向けなどに提案していく。