印刷業界ニュース ニュープリネット

ウチダテクノ 新給紙方式を採用したSRA3対応カッター『AeroCut nano+』発売

2017.9.13

uchida  ウチダテクノは上位機種に採用されている給紙方式『Tri-Suction Mechanism』を搭載したSRA3対応カッター『AeroCut nano+』を発売した。

新製品に搭載された『Tri-Suction Mechanism』は、複数のブロアによる多方向からのエアーサクションで用紙を問わず給紙調整が容易となり、より確実で安定した給紙を実現。重送による機械停止が減少して作業効率も向上した。また、新機能のアライナーは用紙の斜め送りを解消している。

スリッター刃の位置設定はピッチゲージの凹部に合わせるだけで簡単、セット替えの時間を短縮。カットの内容によってカッターユニットを買い足す必要がない。さらにカットマーク読み取り機構により、1枚、1枚の用紙を正確な位置に自動補正する。

付属のピッチゲージは2種類4通りの作業に対応しているが、ユーザーの仕事内容に合わせたピッチゲージを製作する(オプション)。

SRA3から名刺21面をカットする場合、従来機種では1分間当たり最大6枚(名刺126面)の処理だったが、新製品は1分当たり最大7枚(名刺147面)。また、追加で40種類のユーザーメモリー登録が可能となった。

〔主な仕様〕

▽スリッター=4個(スリッター刃:6枚)

▽用紙サイズ=最小:幅210㎜×長さ210㎜、最大:幅330㎜×長さ490㎜

▽仕上り用紙サイズ=最小:幅 85㎜×長さ 50㎜

▽用紙質量=120-350g/㎡

▽用紙最大カールサイズ=±3㎜

▽用紙種類=上質紙、コート紙、アート紙、UVコート紙 等