印刷業界ニュース ニュープリネット

凸版印刷 印刷博物館館長に金子会長が就任

2021.10.1

凸版印刷が運営する印刷博物館では、樺山 紘一氏の館長退任に伴い、2021年10月1日付で同社代表取締役会長の金子眞吾氏が館長に就任した。

 

樺山氏は、2005年10月1日に印刷博物館館長に就任し、以来16年にわたり印刷文化の発展と啓発に貢献した。退任後は、印刷博物館の顧問として、引き続き印刷博物館の運営に関するアドバイス等を行う予定。

 

新館長の金子眞吾氏は1973年4月凸版印刷入社、2003年6月取締役就任、2006年6月常務取締役、2008年6月専務取締役、2009年6月代表取締役副社長を経て、2010年6月代表取締役社長に就任。2019年6月代表取締役会長(現任)。ほか、東京商工会議所副会頭、日本経済団体連合会サイバーセキュリティ委員長などを務める。

 

印刷博物館は凸版印刷創立100周年事業の一環として2000年10月に開館。以来、印刷全般に関する本格的な博物館として、多数の企画展の開催や、印刷工房を中心とした教育活動などを通して、社会、文化の発展に貢献してきた印刷の役割と意義を広く発信している。