印刷業界ニュース ニュープリネット

大栗紙工 発達障害当事者の声から生まれた「まほらmahoraノート」販売部数が5万冊突破、取扱店が拡大

2021.9.10

大栗紙工img_274543_1

年間2千万冊以上のノートを製造する大阪市の大栗紙工が、2020年2月に発売した発達障害当事者の「あったらいいな」をつめこんだ「mahora(まほら)ノート」2種、および2021年2月に追加発売した34種を合わせた全36種の販売数が、発売から1年6カ月間で5万冊を突破した。加えて、取扱店が全国で300店を越えた。

 

「mahoraノート」は、発達障害者を支援する一般社団法人UnBalanceと共に、当事者約100人の声を集めて開発したもので、「光の反射を抑えた中紙」「識別しやすい罫線」「シンプルなデザイン」が特徴。レポート用紙のように1枚ずつ自由に使え、パンチ穴をあければバインダーにまとめて綴じることができる。

img_274543_6

寄せられた新たな要望に応えてつくられたノート

販売拡大とともに寄せられた新たな要望に応え、新しい色とサイズ、シートタイプも製品化した。

 

img_274543_4

シートタイプが新登場

 

発売当初は、同社のオンラインショップだけでの販売だったが、文具店や雑貨店など徐々に取扱店が増え、7月からは全国のロフト100店舗でもノートの販売がスタートした。特に今年2月のラインナップ拡大やクラウドファンディング、6月の日本文具大賞受賞ではデザイン部門で優秀賞を受賞。また伝わりやすい売り場作り、メディアで取り上げられたことなどから、販売数、取扱店ともに増加している。

発達障害にはさまざまな特性がある。同社では少数派であっても困りごとを抱える人に寄り添った製品づくりを目指している。