印刷業界ニュース ニュープリネット

凸版印刷 ショールーム「PLAZA21中部」をリニューアルオープン

2021.9.8

凸版_PLAZA21中部

「PLAZA21中部」 (C) Toppan Inc.

凸版印刷は、取引先向けショールーム「PLAZA21中部」を9月6日にリニューアルオープンした。

同社は、これまでショールーム「PLAZA21」において、トッパンが提供する製品やソリューションを総合的に展示しており、体験を通して、顧客の課題解決に向けたトータルソリューションを提案している。「PLAZA21」は、全国7ヵ所(東京、札幌、仙台、名古屋、大阪、広島、福岡)に展開しており、各拠点の特徴に合わせた展示を行っている。

リニューアルにおいては、全社の動きと連動した中部における企業活動全体を俯瞰し、さらにトッパングループ各社の商材・ソリューションを合わせて展示することで、さらなる総合力の訴求を目指して計画された。

 

凸版_PLAZA21中部_DXセミナーsub1

「セミナーゾーン」 (C) Toppan Inc.

凸版_PLAZA21中部_パッケージsub2

「TOPPAN S-VALUE(TM) Packaging」展示 (C) Toppan Inc.

 

「PLAZA21中部」は、ニューノーマル時代の新たな共創空間として、凸版印刷の製品・ソリューションをDXゾーンとSXゾーンの2つのゾーンで紹介している。

凸版_PLAZA21中部_インフォウォール

「インフォウォール(R)」 (C) Toppan Inc.

「価値あるパッケージ」で、よりよい社会と心豊かで快適な生活に貢献する「TOPPAN S-VALUE™ Packaging」を掲げ、「ひと」に価値ある「スマートライフ バリュー パッケージ(R)」、「しゃかい」に価値ある「ソーシャル バリュー パッケージ(R)」、「ちきゅう」に価値ある「サステナブル バリュー パッケージ(R)」を提供。「PLAZA21 中部」ではパッケージ事例も展示しており、実物を見ながら3つのパッケージの特性を見ることができる。(SXゾーン)

 

「インフォウォール(R)」は、ディスプレイと化粧シートを組み合わせることで空間デザインを損なわず、 生活に役立つ情報を表示する壁面デジタルサイネージ。

 

「DXゾーン」は、高輝度大型プロジェクターとスクリーン、 縦型サイネージ8台を設置し、 様々なトッパンのDX事業を体験できる。フラットで広いセミナーゾーンでは、リアル、オンライン双方に対応したセミナー開催や共創のためのワークショップなど広い用途に活用できるスペースとなっている。サイネージではNAVINECTを始めとした、製造DXソリューションなど幅広くトッパンのDX商材・ソリューションを紹介する。

 

「PLAZA21中部」

所在地:愛知県名古屋市中区錦1-11-20 大永ビル5F

開館時間:毎週月曜日~金曜日/10:00~17:00 *入館は事前予約が必要

公式ホームページ https://www.toppan.co.jp/showroom/plaza21.html