印刷業界ニュース ニュープリネット

東京国立博物館、凸版印刷 国宝「鳥獣戯画」の新作VRを公開【動画付き】

2021.4.12

VR作品『鳥獣戯画 超入門!』 監修:東京国立博物館  文化財活用センター 栂尾山 高山寺  制作:凸版印刷株式会社

VR作品『鳥獣戯画 超入門!』 監修:東京国立博物館  文化財活用センター 栂尾山 高山寺  制作:凸版印刷株式会社

国立文化財機構 東京国立博物館、国立文化財機構文化財活用センターと凸版印刷は、 栂尾山(とがのおさん) 高山寺(こうさんじ)(京都市右京区)が所蔵する国宝「鳥獣戯画」を鑑賞するVR作品『鳥獣戯画 超入門!』を製作した。東京国立博物館・東洋館内「TNM & TOPPAN ミュージアムシアター」で2021年4月14日から公開される。

2021年4月13日から始まる東京国立博物館の特別展「国宝 鳥獣戯画のすべて」と合わせて鑑賞できる。

 

 

VR作品では、 今からおよそ800年前、 平安時代の後期から鎌倉時代につくられた国宝「鳥獣戯画」の甲・乙・丙・丁の全4巻のうち、 主に甲巻にスポットを当てる。大画面で絵巻を繰り広げるように流れに沿って、動物たちがいきいきと遊ぶ鳥獣戯画の世界を詳しく解説する。

開催にあたり、告知映像も公開されている。

 

なお今回の特別展「国宝 鳥獣戯画のすべて」は、 VR作品の中で紹介する甲巻を含む全4巻全場面が展示される注目の特別展となっており、VR作品とあわせて鑑賞することで、作品への理解が深まる。