印刷業界ニュース ニュープリネット

モリサワ 国連WFP世界食料デーキャンペーン2020「ゼロハンガーチャレンジ~食品ロス×飢餓ゼロ~」に協賛

2020.9.1

©WFP/Ratanak Leng

©WFP/Ratanak Leng

モリサワは「持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)」の取り組みの一環として、 国連WFP協会主催の世界食料デーキャンペーン2020「ゼロハンガーチャレンジ~食品ロス×飢餓ゼロ~」に協賛する。

世界では 全人口77 億人のうち、 約6億9,000 万人が飢えに苦しめられている。 全世界で生産されている食料は毎年およそ40億トンと、全人口を賄うのに十分な量であるにもかかわらず、 生産された食料の3分の1、13億トンあまりが「食品ロス」となっている。

同本キャンペーンは10月16日の世界食料デーを機会に、すべての人が食べられる世界「ゼロハンガー」を目指し、様々な「食品ロス」削減につながる行動を起こし、その取り組み提案をSNSで投稿。 寄付協力企業から飢餓に苦しむ子どもたちの学校給食支援に寄付される。