印刷業界ニュース ニュープリネット

ハイデルベルグ プリンテッドエレクトロニクスおよび有機エレクトロニクスの生産に投資

2020.8.19

ハイデルベルグ社はプリンテッドエレクトロニクスおよび有機エレクトロニクスの生産をウィスロッホ-ヴァルドルフ工場で開始した

ハイデルベルグ社はプリンテッドエレクトロニクスおよび有機エレクトロニクスの生産をウィスロッホ-ヴァルドルフ工場で開始した

ハイデルベルグ社は、プリンテッドエレクトロニクス、および有機エレクトロニクスの市場育成、製造・販売のための専用ビジネスユニットを設立した。すでにウィスロッホ-ヴァルドルフ工場での生産を開始しており、印刷センサーの生産ラインに約500万ユーロを投資している。

ハイデルベルク市のイノベーションラボ社(iL)で歯科技術用に開発されたセンサーが、最初に印刷される製品となる。これらの革新的な印刷センサーにより、咬合時、つまり上顎と下顎が一緒になったときの咀嚼圧の分布をデジタルで記録できるようになった。タブレットでの3D視覚化とデータのアーカイブにより、不正咬合を特定し、その後修正することができる。

さらに先を見据え、ハイデルベルグは社内のハイテクキャンパスにおいて、最先端の印刷技術を利用して、他のデジタルアプリケーション用のセンサー、特にヘルスケアとロジスティクス、小売および自動車セクター向けにも生産する。

 

グリーンエレクトロニクスとも呼ばれるプリンテッドエレクトロニクスおよび有機エレクトロニクスは、消費者に多くのメリットをもたらす。エネルギー効率の高い生産プロセス、省資源につながる材料の使用および産業用連続生産も比較的低コストで大量に安定した品質を得ることも確実にする。これは国際競争力において重要な前提条件となる。デジタルの未来における主導的地位を確保することを目指し、ハイデルベルグはデジタルテクノロジーの新しい世界への扉を開き、新しいビジネス分野にも進出する。