印刷業界ニュース ニュープリネット

KOMORI 九州豪雨による被害で復旧作業始まる

2020.7.10

小森コーポレーションでは、今回の九州豪雨により被害のあった地域の顧客企業に対して、被害状況が確認できた企業からの復旧作業が順次始まっている。7月10日時点で、3社6台の復旧作業が進められている。

 

同社では、過去の熊本地方地震(平成28年)、令和元年台風19号の激甚災害においても被災した顧客企業に向け、迅速な復興支援を展開してきた実績がある。今回の被害を受けて、 「今後もできる限りの復旧・支援活動を継続させていただきます。前線は未だ停滞しておりますので、特別警報が発表されていない地域でも土砂災害や川の氾濫、低い土地の浸水にご注意ください。この度の九州豪雨で被害を受けられた皆様に、衷心よりお見舞い申し上げますとともに、被災地の1日も早い復興をKOMORI一同、心からお祈りしております。」と発信している。

 

今回の豪雨による被害を受けて、10年に1度の記録的豪雨が常態化してきており、今後も同様な災害がどこでおきるかわからない状況であると現状を分析。同社では“最大のサポートをする”とともに、各拠点のサービス窓口への相談なども受け付けているほか、水害時のワンポイントマニュアルもホームページ上で配信している。

 

<サービスサポートに関する問い合せ先>
地震や水害等の広範囲な災害が発生した場合、通信が集中するため、各拠点のサービス部への連絡が繋がりにくい場合がある。その際には、テクノサービスセンターへ連絡することを進めている。

九州支店:092-433-7615(サービス直通)
テクノサービスセンター:03-3624-7166(代表)
西日本サービス:06-6939-0141(代表)
北海道営業所:011-641-1505(代表)
東北営業所:022-282-8851(代表)
北陸営業所:076-422-5588(代表)
名古屋支店:052-363-5011(代表)
静岡出張所:054-663-9316(営業)

中国営業所:082-295-9100(代表)
四国営業所:087-864-3902(サービス直通)
水害による被災時のワンポイントマニュアル
https://www.komori.com/ja/jp/information/news/assets/pdf/1point_010.pdf