印刷業界ニュース ニュープリネット

凸版印刷 3社で使用済紙おむつのリサイクルで協業開始

2020.4.7

凸版印刷と住友重機械エンバイロメント、トータルケア・システムの3社は、年々増加傾向にあり社会問題化している使用済紙おむつの廃棄物が増加する問題に対して、使用済紙おむつをリサイクルする「完結型マテリアルリサイクルシステム」の構築とその後の事業展開に関する協議を開始することに合意した。

「完結型マテリアルリサイクルシステム」は、使用済紙おむつから回収できるすべての再生資源をマテリアルリサイクルするシステム。 トータルケア・システムではリサイクル処理後の再生パルプを、 建築資材の原料(外壁材、内装材等)として有効利用している。また、 プラスチックは燃料としてサーマルリサイクルしていたが、経済産業省の補助事業(サポイン)を活用し、 再資源化の研究開発が進んでいる。

このたび、さらに多くの自治体への使用済紙おむつリサイクルの普及促進のため、住友重機械エンバイロメントがプラント設計および施工を、凸版印刷が介護・保育・医療向けをはじめとした様々な製品へのアップサイクルを担う。