印刷業界ニュース ニュープリネット

HP 新型コロナウイルス対策で、3Dプリンティングが医療機器部品などを生産

2020.4.2

HP とHPがグローバルで展開しているデジタルマニュファクチャリングコミュニティは、3Dプリンティングのチーム、テクノロジー、経験、生産能力を結集して、世界的に流行している新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策に必要な部品を提供している。すでに3Dプリンティングで製造された1,000点以上の部品が、各地域の病院に届けられている。

スペインのバルセロナ、米国のオレゴン州コーバリス、カリフォルニア州サンディエゴ、ワシントン州バンクーバーのHP 3D R&Dセンターでは、世界中のパートナーと協力し、最も緊急性の高い需要に応えるために生産を拡大。すでに検証し、最終製品化したアプリケーションとして、フェイスマスク、フェイスシールド、マスクアジャスター、鼻腔用スワブ、ハンズフリードアオープナー、人工呼吸器部品がある。また、HPは多くの国の政府、医療機関、業界機関と連携し、効果的な取り組みを実践している。

HPとパートナー各社は、簡易な組み立てが可能な多くの部品の検証済み設計ファイルをHPのウェブサイト( https://enable.hp.com/us-en-3dprint-COVID-19-containment-applications )で無償提供している。