印刷業界ニュース ニュープリネット

HP 新Indigo デジタル印刷機を発表、B2判対応で毎時6,000枚の高生産

2020.3.18

デジタル印刷での高生産を実現するよう設計された「HP Indigo 100K デジタル印刷機」

デジタル印刷での高生産を実現するよう設計された「HP Indigo 100K デジタル印刷機」

HP Inc.(HP)は、印刷事業者とコンバーターが大量の印刷を高い収益性で実現できる大胆かつ革新的なデジタル印刷機の新ポートフォリオを発表した。HP Indigoデジタル印刷機の第5世代(シリーズ5)と第6世代(シリーズ6)は、アナログからデジタルへの移行を促進し、印刷事業者とコンバーターに新たなビジネス機会を創出する。

シリーズ5初の商業印刷向けB2対応機「HP Indigo 100K デジタル印刷機」は、B2両面印刷換算で月に100万枚以上の印刷に対応する高生産設計。毎時6,000枚の印刷が可能で、高生産性でありながら、廃棄物の少ないオンデマンド印刷を求めるオフセット印刷事業者向けに設計されている。

次世代のHP Indigo LEPx アーキテクチャを搭載し、ラベル生産向け「HP Indigo V12 デジタル印刷機」は、HP Indigoの湿式電子写真テクノロジーのコアパワーを活用したナローウェブ印刷機。シリーズ6初の 「HP Indigo V12 デジタル印刷機」は、最大12色、最大120メートル/分の印刷速度を提供し、アナログ印刷の速度に匹敵する生産性を発揮する。自動化された新しいカラーマッチングテクノロジーであるSpot Masterは、業界最速の色合わせ時間を提供する。

HPでは商業印刷向けのB2対応「HP Indigo 15K デジタル印刷機」、SRA3+対応「HP Indigo 7K デジタル印刷機」と「HP Indigo 7eco デジタル印刷機」、ラベル・パッケージ向けの「HP Indigo 6K デジタル印刷機」、「HP Indigo 8K デジタル印刷機」、「HP Indigo 25K デジタル印刷機」、紙器や特殊アプリケーション用「HP Indigo 35K デジタル印刷機」とB1対応「HP Indigo 90K デジタル印刷機」の8種の印刷機を発表。アップグレードオプション付きのバリューパックにより、既存のユーザーはこれらの新機能を利用できる。

商業印刷向けB2対応「HP Indigo 100K デジタル印刷機」、「HP Indigo 15K デジタル印刷機」、SRA3+対応「HP Indigo 7K デジタル印刷機」、「HP Indigo 7eco デジタル印刷機」、ラベル・パッケージ向け「HP Indigo 6K デジタル印刷機」、「HP Indigo 8K デジタル印刷機」、「HP Indigo 25K デジタル印刷機」、「HP Indigo 35K デジタル印刷機」、「HP Indigo 90K デジタル印刷機」は、2020年6月以降年内の販売開始予定。 「HP Indigo V12 デジタル印刷機」は2022年の販売開始予定。