印刷業界ニュース ニュープリネット

モリサワ 新型コロナでテレワーク実施企業にMORISAWA PASSPORT使用許諾を緩和

2020.3.13

モリサワは、新型コロナウイルスの感染拡大防止に努め、テレワークを実施する企業向けに、MORISAWA PASSPORT の使用許諾の緩和を実施する。

 

MORISAWA PASSPORT の利用範囲は、ライセンス取得者が所有し、またはリース契約、もしくはレンタル契約を受けているものに限定している。そのため、テレワークにより自宅PCなどの別端末を利用する契約者様においては、MORISAWA PASSPORT を利用できない状況が発生している。

今後も、テレワーク実施企業の増加が見込まれることから、これを支援するため、モリサワではテレワークを実施中の契約者を対象に、MORISAWA PASSPORT の使用許諾を緩和することとした。

 

また、モリサワは昨年12月にフォント提供アプリ「MORISAWA PASSPORT for iPad」をリリースしており、モリサワが提供するフォントがiPadで利用できるサービスを展開している。

一部企業などでのテレワークが報じられた2月26日以降1週間の日別平均ダウンロード数は、2月全体の日別平均ダウンロード数の約3倍に上っている。

MORISAWA PASSPORT 契約者は、期間限定でフォント提供アプリ「MORISAWA PASSPORT for iPad」を追加料金なしで利用できる(1契約につき1台まで)。

詳細は、Webから確認。https://www.morisawa.co.jp/products/fonts/mpapp/

 

【テレワークでMORISAWA PASSPORTを利用する方法について】

 

◎基本的には、現在の契約で利用しているPCを持ち出し、利用することを薦めている。

利用中のPCを持ち出すことができず、契約者が所有またはリース・レンタルする代替PCを利用する場合、ライセンス解除(使用PC変更)後、新しい端末にインストールを行い、利用できる。

 

使用PC変更の手順はこちら

https://www.morisawa.co.jp/support/faq/40

 

◎ やむを得ず個人PCなどを使用される場合、下記フォームより申請する。

必要事項を入力し、テレワークを実施していることが明記された文書などを提出する。申込内容を確認のうえ、個人PCへのインストールが承認された後、会社PCにてライセンス解除を行い、個人PCへインストールすることが可能となる。

 

◎ 会社への出社が禁止されているなどの理由から、会社PCのライセンス解除ができない場合、下記フォームから相談する。

会社への出社の禁止またはテレワークを実施していることが明記された文書などを提出する必要がある。ライセンスの無償貸出なども含め対応する。

 

 

今回のMORISAWA PASSPORT使用許諾の緩和の対象は、テレワークを実施している法人のみ。個人で契約しているユーザは対象外となる。

なお、問合せ時は、契約法人の担当者から一括の連絡を要望している。

 

新型コロナウイルスによるテレワーク導入企業問合せフォーム

https://www.morisawa.co.jp/support/contact/forms/covid-support/