印刷業界ニュース ニュープリネット

凸版印刷 AI翻訳と専門家校正で新薬開発期間を短縮、翻訳サービス・ファーマトラ開始へ

2020.3.9

製薬業界向け翻訳サービス「PharmaTra ™(ファーマトラ)」の概要

製薬業界向け翻訳サービス「PharmaTra ™(ファーマトラ)」の概要(クリックすると図が拡大します)

凸版印刷は2020年4月、製薬業界向け翻訳サービス「PharmaTra(ファーマトラ)」の販売を開始する。「機械翻訳サービス」と機械翻訳の訳文を人手で後編集する「ポストエディットサービス」の2種類のメニューを提供し、新薬開発の翻訳業務の時間短縮を実現し、業務効率化や新薬開発のリードタイム短縮などに貢献する。

新サービスは、凸版印刷が提供する多言語音声翻訳アプリ「VoiceBiz(ボイスビズ)」や「ジャパリンガル」をはじめとした多言語翻訳サービスのノウハウを活用し、自動翻訳に精通したシステム開発会社であるマインドワード(東京都新宿区)、医薬専門の翻訳会社であるアスカコーポレーション(大阪市中央区)の協力のもとに開発。「機械翻訳サービス」は、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)と総務省が共同で推進する翻訳バンクの一環として、世界の大手製薬会社の日本開発部門責任者の団体であるR&D Head Clubの8社から提供された300万文対を超えるコーパス(原文と訳文を対にして蓄積したデータベース)から深層学習で構築したAI機械翻訳を活用する。実用的な臨床開発用語集を搭載することにより、新薬開発関連文書を中心とした製薬文書に特化した高精度な機械翻訳サービスで、翻訳バンク構想へ賛同する製薬会社からの過去訳集約を継続的に進めてさらなる翻訳精度の向上を実現する。「ポストエディットサービス」は、機械翻訳を実行した後に、機械翻訳の特性を理解した医薬専門のポストエディターによる校正を連携したサービス。高品質な翻訳を短納期で納品することができる。加えて、フォーマット編集や過去訳管理など顧客の環境に合わせて個別に最適な翻訳フローを提案、提供することも可能。