印刷業界ニュース ニュープリネット

グーフ ディノス・セシールとアスコンから資金調達

2019.11.8

左)代表取締役 岡本幸憲氏 、右)C.O.O. 近藤寛一氏

左)代表取締役 岡本幸憲氏 、右)C.O.O. 近藤寛一氏

マーケティングオートメーションやEC、顧客データベース 等の様々なデジタルリソースとデータ連携し、最短24時間での印刷・発送を実現するAPIプリントプラットフォーム-Print of Thingsを展開する

グーフはこのほど、プレシリーズA(1stラウンド)としてディノス・セシール、アスコンを引受先とする第三者割当増資による6,000万円の資金調達を完了した。 今後ディノス・セシール社とは印刷メディアの最適化を⽬標に共同プロジェクトを立ち上げ、DM のみならずカタログや同梱広告などのパーソナライズ、適地⽣産モデルでの効果検証を加速させる。

Print of Thingsは、クラウド上で印刷版⽣成に必要な全ての機能を搭載しており、ビジネスの目的に応じて、「いつ」「何処で」「どれだけ」など、簡単な指示データを複数拠点のデジタル印刷機器へ送信することで常に安定した品質と納期で自動製造を可能にするサービスプラットフォーム。事業会社のマーケティング・販売促進担当者は、このサービスを利用することで、印刷に関する専門的な知識を必要とすることなく、必要なルール を設定するだけでパーソナライズ化されたDM やカタログなど、高度な印刷メディアを⾃由⾃在に利活⽤ができるようになる。これにより、印刷メディアが本来持つ情報伝達能⼒をフルに活かした強力なコンテクストマーケティングの実現が可能になる。

同社はこの資⾦調達によりPrint of Thingsのさらなる操作性向上、APIの開発、カスタマーサポート体制の強化を実施すると同時に、MAツール提供会社との提携を拡⼤・加速させる。サービス利⽤者が容易にルール設定やテンプレートを利用できるようセルフサービス機能の充実を図るとともに、カスタマーサポートの能⼒を⾼めることで導⼊のハードルを下げ、利⽤頻度の向上を実現する。

また、印刷機器と連携するモジュールも強化。各印刷機器(⼯場)との⾃動連携とグリッドライン化を加速させ、よりリーズナブルな価格とエリアカバレッジで印刷メディアの新たな価値創造を⽬指す。