印刷業界ニュース ニュープリネット

一誠社 ISSEISHA FAIR 開催へ ~ 5月31日、6月1日 サンメッセ香川

2019.5.21

テーマは“EXPLORER”

 

一誠社(香川県高松市、坂入聖二社長)が主催する『2019ISSEISHA FAIR』が5月31日、6月1日の両日、香川県高松市のサンメッセ香川で開催される。“EXPLORER”をテーマに、〝秘められた価値の探索〟をサブタイトルに掲げる同フェアでは、四国の印刷業界の強みや特徴を生かすための事業展開のヒントが提供される。

 

開催挨拶 株式会社一誠社 社長 坂入 聖二氏

本年5月31日、6月1日の両日『2019 ISSEISHA FAIR』を開催する運びとさせて頂きました。

一誠社 坂入聖二社長

一誠社 坂入聖二社長

1960年に第1回目を開催して以降、毎回盛大に開催出来ます事は、ひとえに四国の印刷業界の皆様の多大なご愛顧、並びに出展各社のご支援の賜物だと深く感謝申し上げます。

さて、元号も令和となり、新しい時代を迎えました。

四国の印刷業界の皆様に於かれましては、有している国内有数の一貫製造・サービス体制の強化を更に進められ、新しい分野へチャレンジされている様子がお見受けされます。

一方で、四国においては、人口減、少子高齢化が顕著となりつつあり、人材確保が難しくなってきております。また、働き方改革への対応も加わり、企業におかれましては一人当たりの生産性の向上を図る事が大きな課題となってきています。

消費者行動や市場のニーズは様変わりが激しく、新たなニーズを掘り起こす提案力や、新たな付加価値を生み出す創造力が求められてきています。

その様な中、『2019 ISSEISHA FAIR』を、“EXPLORER~秘められた価値の探索”というテーマで開催させて頂きます。

更なる省人化、省力化を図る機器・アプリケーションの展示と、より生産性の向上を図る為、AIやRPAなどの自動化による生産ラインの再構築となる最新ワークフローについて、アビッド・フレックス株式会社、株式会社SCREEN GPジャパン、アドビシステムズ株式会社によるセミナーを開催。また、新たな付加価値を生み出す機器・アプリケーションの展示と、セミナーでは、新たな印刷ニーズを掘り起こす為の仕掛けづくりについて、株式会社P.I.様にご講演頂きます。

生産ラインを見直す事で生まれる秘められた価値、仕掛ける事で生まれる市場に秘められた価値を、当フェアで探索頂きたいと思います。当フェアが皆様の新たな価値発見の機会となれば幸いです。

ご多用の中、各方面から多くの方々がご来場くださり、ご高見を賜りますようお願い申し上げます。

 

〝秘められた価値の探索〟 付加価値=利益を訴求

 

isseisha3  今回のフェアのテーマに据えた『EXPLORER』は「探検家」を指す。品質向上や生産性向上に取り組む四国印刷業が、現状のクライアント、設備、製造工程でのさらなる付加価値=利益を探索・追い求め、実現する機会を提供していこうという想いを込めた。

大量生産・大量消費の時代から消費者の個別ニーズに合わせた多品種・小ロット化が求められている。多様化するニーズに対応するためには選択肢の拡大が必要になる。また、電子書籍・電子化によるペーパーレス化、新聞購読者の減少、インターネットの普及による紙の需要減少傾向は今後も続くとみられる。加えて、少子高齢化の影響を受け、人材確保・定着が製造の課題となっており、人手不足の状況を見ても、省人化と省力化への取り組みが今後のテーマと考えられる。

こうした変化が激しい経済環境では、今までと同じ業態を続けると確実に淘汰される。他の仕事を受注する営業力強化、新たな印刷ニーズを掘り起こす提案力強化、クライアントに評価される新たな付加価値を作る創造力、低価格単価でも利益を確保できるスマートな製造工程構築、自社製品の開発など、強みを持つことが求められている。

自社の強みを高めるには最新技術のICT、AI、IoTを活用し、一人当たりの生産性と品質の向上を図り、利益を生む生産体制を築く必要がある。会場ではそうした中で出展社各社の強みを複合的に繋ぎ、印刷会社の付加価値=利益を最大化するためのソリューションを提案される。

【出展社】

▽アイグラフィックス▽アビッド・フレックス▽イトーテック▽インターテクノ▽ウエブテック▽ウチダテクノ▽エスコグラフィックス▽エヌ・エム・エス▽大阪印刷インキ製造▽北電子▽工藤鉄工所▽コダック▽コニカミノルタジャパン▽此花▽コムネット▽小森コーポレーション▽サカタインクス▽GMGジャパン▽ジェピック▽正栄機械製作所▽SCREEN GPジャパン▽ダイヤミック▽タナック▽DICグラフィックス▽テクノロール▽東京インキ▽東京印刷機材トレーディング▽東洋化学商会西日本販売▽日本オフィスラミネーター▽日本欄罫工業▽ノーム▽ピーエス工業▽富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ▽富士ゼロックス▽富士ゼロックス四国▽ホリゾン西コンサル▽マツケン▽ミマキエンジニアリング▽メニ・テック▽モリサワ▽山櫻▽理想科学工業▽リョービMHIグラフィックテクノロジー

 

見える化、自動化でトピックゾーン設置

 

フェア会場ではトピックゾーンも設けられる。

「製造工程の見える化・自動化」では、富士フイルムグローバルグラフィックシステムズが初校から出力まで、全ての制作データを登録する全JOBの運用を行い、オンラインでの入稿・校正による業務時間短縮や効率化を実現させるWebポータルシステムXMF Remoteを紹介する。

「プレス~ポストプレス生産工程の自動化・ロボット化」では富士ゼロックスのPODとホリゾン・pXnet(JDFワークフロー)の紹介を通じて、最新のソリューションを提案する。

「印刷機の見える化」は、小森コーポレーションがKP‐Connectを紹介する。また、「デジタル印刷機」としては、FFGS、コニカミノルタ、理想科学工業、山櫻が機器を展示。「検査・品質管理」では、SCREEN GPジャパン、ウェブテック、東京印刷機材トレーディング、ニューリーが、「ソフト・DTP周辺機器」でエスコグラフィックス、エヌエムエス、モリサワが各種ソリューションを披露する。工場環境最適化ではメニテック、マツケン、ピーエス工業が注目企業として製品を紹介する。

<セミナー>  (申込み用紙 ⇒ここからダウンロード

▽Seminar 1 ◆パッケージングソリューションセミナー

日時:2019年5月31日(金)10:00~

場所:サンメッセ香川 2F 中会議室

 

第一部:生産現場における自動処理(RPA)の検討と活用について

講師:アビッド・フレックス株式会社 川村真幸氏

 

第二部:環境に優しいパッケージの小ロット対応・合理化・省力化について

講師:株式会社SCREEN GP ジャパン IPS営業部 石坂 智氏

 

▽Seminar 2◆Adobe Creative Cloud が叶える!デザイン作業の効率化とさらなる未来

日時:2019年5月31日(金)13:00~

場所:サンメッセ香川 2F 大会議室

講師:アドビ システムズ株式会社 マーケティング本部 名久井 舞子氏

 

Seminar 3◆四国にたくさんのフォトスポットを作ろう!!

日時:2019年6月1日(金)13:00~

場所:サンメッセ香川 2F 大会議室

講師:株式会社P.I. 代表取締役 竹谷 直子氏