印刷業界ニュース ニュープリネット

PrintNext2020 運営コンセプト、基本方針発表

2019.3.29

全国印刷緑友会、日本グラフィックサービス工業会SPACE-21、全日本印刷工業組合連合会全国青年印刷人協議会で構成するPrintNext2020実行委員会(東海林正豊運営委員長)は、来年2月15日、秋田市の秋田市文化会館を本会場に、「PrintNext2020」を開催する。

テーマは『Find the Future~人間力で世界価値を創造しよう!~』。同イベントを通じて、業種業態、規模、地域を超えた情報交流によるイノベーションの創出を目的とし、参加者に次代を切り拓くヒントを提供することを運営コンセプトに掲げる。

基本方針として①時代から見出される企業となるための知識と見識を見つける(ブロック毎による企画発表)、②共に語り、共に学び、変革をもたらす(ディスカッション、懇親会)を打ち出す。

参加人数の目標は400名。

【開催概要】
開催日:2020年2月15日(土)
会場:本会場 秋田市文化会館、懇親会 秋田キャッスルホテル

 

開催趣旨 運営委員長 東海林正豊氏(東海林印刷)

PrintNext2020の東海林正豊運営委員長

PrintNext2020の東海林正豊運営委員長

PrintNextの前身であるPrint4が2004年に開催されてから今回で9回目を迎えます。

ラグビーワールドカップそして東京オリンピック・パラリンピックが行われようとしている今、世界は日本に注目し、国内地域各所もそれぞれの魅力を世界に発信し飛躍を目指しています。印刷業界の主要青年団体が主催するこのイベント最大の目的も団体の垣根を越えた取組みにより、日本というステージから世界へ躍進し未来を切り開くことにあります。近代の資本主義や成長志向は役割を終えつつあり、物質的な豊かさを無条件に是認してきた在り方は大きな変革を求められています。その中で、我々は印刷産業から永い年月で得たノウハウとネットワーク、そして人間力という魅力をかけ合わせることでイノベーションを起こし、新たなステージへ躍進しなければなりません。昨今のICT技術の発展はそれを

大きく後押しするものとなり、また情報の発信や収集方法も大きく変化しマスコミや媒体を駆使してきた時代から、魅力ある事柄(企業)には必然と注目が集まる時代に進化しています。 言わば、時代も新たな価値を求めているのです。

今回のPrintNextでは、我々を取り巻くステークホルダーの魅力を融合させることで新たな価値とワクワクするような業界の未来を創造し、革新する覚悟と挑戦する勇気を持つ青年印刷人にこれからの可能性を示す場とします。

舞台は秋田。この地域力と人間力のあふれる地で次代にあるべき姿を創りだします。

この場での体験には我々の目指す未来のカタチが必ずあります。それを見つけて持ち帰り、企業繁栄という花を咲かせましょう。

我々は以上のような志のもと、新しい時代のリーダーとして共に学び切磋琢磨し、業界の新しい役割、世界を見据えた取組みにより躍動感にあふれる姿を創造する決意をもってPrintNext2020を開催いたします。