印刷業界ニュース ニュープリネット

日本製紙 紙ストローの販売を開始

2019.3.26

日本製紙は、ストローを口にくわえたときに感じる”口当たりの良さ”をコンセプトにした紙製ストローを開発し、今年4月より販売を開始する。

近年、海洋プラスチックごみ問題がクローズアップされる中で、「再利用可能」「生分解性を有する」などの機能を持つ素材の一つとして、再生可能な資源である「木」を原料とする「紙」への関心が高まってきている。特にプラスチック製ストローが象徴的に取り上げられる中で、昨年夏以降、外食産業などで、紙製ストローなどへの切り替えの動きが加速しつつある。

同社は、牛乳パックなどの飲料用紙容器をはじめ、紙カップ、包装用紙など、「紙」を素材とする製品を、食品・飲料など幅広い産業分野に供給しており、「紙でできることは紙で。」を合言葉に、社会の課題解決につながる「紙化ソリューション」を推進している。紙製ストローの開発はその一環で、顧客ニーズに応え、国産品の安心感を提供していく。

当面は市場動向を見ながら受注対応を予定する。