印刷業界ニュース ニュープリネット

SCREEN GA 印刷工場のスマートファクトリー化に向けSolimar社と協業

2019.2.20

SCREENグラフィックソリューションズ(SCREEN GA)は、トランザクション印刷などに関するプロダクションソフトウエアを開発するSolimar Systems Inc(Solimar社)と、生産管理システム「SOLitrack」の国内販売および「EQUIOS」との相互自動化連携において、協業を開始した。

SCREEN GAでは、今回の業務提携を機に、「EQUIOS」を核としたトータルワークフローソリューションを一層強化するとともに、印刷業界のスマートファクトリー化に向けたニーズに応えていく、としている。

screen_EauiosWorkflow

協業の背景として、近年、一人一人に向けて内容が異なるバリアブル印刷は、ダイレクトメールやパーソナライズカタログなどに活用範囲が広がっているという現状がある。そうした中、印刷会社においては複数の生産ラインを効率的に運用する必要がある一方、その管理は現場作業者の判断に頼っているケースが多く、印刷工程の自動化・省力化、ロス・ミスの削減、進捗状況の見える化を実現するスマートファクトリーに向けた取り組みが重要な課題となっている。
こうした動向を受け、同社では、トランザクション・ダイレクトメールユーザーを中心にワークフローの最適化ソリューションを開発・提供するSolimar社との業務提携に合意し、当社の国内販売会社である㈱メディアテクノロジー ジャパンを通じて、Solimar社の生産管理システム「SOLitrack」を販売する。

これにより「SOLitrack」の特長である、ジョブ進捗・設備稼働状況の見える化をはじめ、様々なメーカーのプリンターと連携できる中立性と、同社のソリューションプラットフォーム「EQUIOS」の特長である信頼性の高いRIP処理、事前定義されたワークフローの自動化、後加工機との各種自動化連携などを同時に実現。バリアブルデータや大量のトランザクション印刷において、工場全体、さらには複数工場にまたがるジョブ進捗・設備稼働状況の見える化を推進する。

 

具体的には、イントラネット上の印刷ジョブの進捗状況をスマートフォンやパソコン上でリアルタイムに確認できる他、エラーや遅延などが発生した場合にはタイムリーにスマートフォンへ通知する。また、多様な入稿データに対応しており、条件に応じたジョブの自動振り分け(出力先の自動選択)が可能なため、「EQUIOS」の自動処理と組み合わせることで、大幅な自動化・省力化を実現する。