印刷業界ニュース ニュープリネット

日本郵便 2016年用年賀はがき発行枚数は30億2,285万枚(前年比94%)

2015.9.4

日本郵便は、2016年(平成28年)用年賀葉書の当初発行枚数を発表した。それによると、総発行枚数は30億2,285万2千枚(前年比94.0%)。内訳は、「お年玉付郵便葉書」が、29億986万4千枚(同94.2%)、「寄付金付お年玉付郵便葉書」は1億1,298万8千枚(同89.0%)である。
「お年玉付郵便葉書」のうち、「単面無地」は3億7,860万枚(前年比91.9%)、「四面連刷」が5億9,585万2千枚(同98.8%)、「インクジェット紙」は12億3,500万枚(同100.2%)、「インクジェット写真用」が3,722万6千枚(同90.8%)。なお昨年、AR対応で話題となった「ハローキティ年賀(絵入り/AR)」(1,600万枚、同106.7%)も引き続き発売される。

日本郵便「郵便.jp」のホームページ

日本郵便「郵便.jp」のホームページ

2016年用年賀葉書の特徴として挙げているのは、新たなサービス「ウエブキャラ年賀」の取扱いの開始、「はがきデザインキット(スマートフォン版)」とプリント用アプリとの連携、年賀状作成サポートサービスの提供、お年玉くじ1等商品ラインアップの拡大、など。
年賀葉書の販売は、一般が10月29日から、四面連刷は10月13日から。