印刷業界ニュース ニュープリネット

コダック 完全無処理のSONORAの新製品発売
耐刷性、耐傷性などを向上

2018.2.2

コダック ジャパンはこのほど、完全無処理CTPプレートSONORAの新製品として、商業印刷用の「SONORA CX」、新聞印刷用の「SONORA NX」の2製品の販売を開始した。

SONORA CXは、UV印刷に対応し、視認性を向上したSONORA XJをさらに改良した完全無処理CTPプレート。感光層との接着性を向上する陽極酸化被膜と、堅牢性の高い陽極酸化被膜のそれぞれ異なる機能を持つ二重陽極酸化被膜層を採用することで、耐刷性と耐傷性を大幅に向上した。耐刷性については従来の1.5倍から2倍にまで向上し、耐傷性も従来の現像有りプレートと同等のレベルを達成する。

新製品を発表する藤原浩社長

新製品を発表する藤原浩社長

SONORA NXは、SONORA XJを日本の新聞印刷向けに改良。耐刷性を向上し、版端の形状を変えることでエッジ汚れを解消した。耐刷性は新開発の感光層により、15万インプレッションを達成する。

コダック ジャパンの藤原浩社長は2月2日に開かれた記者会見で「新製品は印刷業界に大きなインパクトを与える。完全無処理版の市場はまだ全体の1割と見ている。今後、全体に浸透すれば、その9割の顧客のニーズに対応できるレベルにまで向上した。新しいSONORAで市場のトレンドを作っていく」と述べ、2018年のSONORAの出荷量で、前年比5割増の目標を掲げた。

SONORA CXは順次、ワールドワイドで供給していく。
新製品は2月7日から9日まで、東京・池袋のサンシャインシティコンベンションセンターで開催されるpage2018のコダックブースに出展し、エコノミーCTP「KODAK ACHIVE」との組み合わせで紹介する。