印刷業界ニュース ニュープリネット

コニカミノルタ 複数拠点の印刷機の色管理を一元化する「AccurioPro Cloud Eye」を発売

2017.10.2

 コニカミノルタは、クラウドを利用した色管理システム「AccurioPro (アキュリオ プロ) Cloud Eye」を発売した。
 「AccurioPro Cloud Eye」は、離れた複数拠点の様々な印刷機に対して、クラウドを介して管理することで一元的なカラーマネジメントを実現する。また、印刷機の色再現状態の確認を、より簡便でより明確にするとともに、即時性も向上させる。
 同社は、「AccurioPro Cloud Eye」の投入により、顧客である印刷会社に対して、クライアントからのさらなる信頼の獲得、新規クライアントの開拓、ビジネスエリアの拡大を品質管理の面から強力に支援する。

 「AccurioPro Cloud Eye」は、従来、拠点ごとに別々の色管理ソフトで行われていた、色再現の判定方法、色設定方法、判定用グラフなどを、クラウドを使うことで複数の拠点、印刷機について一元化し、ウェブブラウザ上での確認を可能にした。また、印刷時に管理したい特定の色や、その判定基準も社内外で共有することが可能。これにより、各拠点で印刷されるカタログの色を統一するなど、自社工場間、協力会社間の離れた拠点での出力色の管理で、現物を送るなどの手間が不要になり、色管理手順の統合も容易に行え、印刷のスピードアップとコスト抑制を両立させる。
 カラー印刷物の色は、個々の印刷機のコンディションや環境の影響を受けて日々変動するため、安定した色出力には日々の色管理が不可欠。「AccurioPro Cloud Eye」では、オペレーターは、あらかじめ管理者が設定した内容によるウィザード方式で出力したカラーウェッジ(色管理用出力サンプル)を測定することで、印刷機の色再現状態の数値での確認と合否判定が行えるため、ミスなく短時間で印刷機の日常管理を実施でき、印刷稼働率の向上に貢献する。

スタンダードライセンスは月額3万円(税別、導入説明費用、保守サービス料金は別途)