印刷業界ニュース ニュープリネット

サカタインクスG  Global Inkjet Systemsと産業用インクジェット分野で業務提携

2020.7.17

サカタインクスグループ(日本・サカタインクス、米国・INX International Ink Co. 、チェコ共和国・INX Digital EMEA)は、インクジェットプリンターのヘッド制御アプリケーションを手掛ける イギリスのGlobal Inkjet Systems(GIS社)と、産業用インクジェットプリンター分野で業務提携し プロジェクトで協業していくことを発表した。

 

今後、両社は、サカタインクスのインクジェット用インクの専門知識と大手エンドユーザーおよび主要OEMへのアクセス能力を活用し、GIS社とともに産業用インクジェットアプリケーションに対し、完全なワークフローソリューションを提供していく。

 

具体的には、顧客にとって最良の提案をするために、両社は大規模な戦略的プロジェクトの初期段階で緊密に協業する。

両社はプリントヘッドメーカーと密接な関係を持っているわけだが、プリントヘッドとインクの選択は重要な要素となる。特に印刷要件や規制条件が非常に厳しいパッケージなどのアプリケーションでは重要になってくる。そうした中、今回の協業についてインクメーカーである同グループは、顧客のデジタル印刷化の推進など、その事業領域の拡大に伴い、パートナーとしてGIS社との協業が必須となったとしている。

同社では現在、デジタルインクの開発に加えて、新規材料の開発にも注力している。こうした状況の中、両社はいくつかの分野で協業する機会を見出し、顧客先へ最良の提案をしていく。