印刷業界ニュース ニュープリネット

富士フイルムHD 富士ゼロックスを完全子会社化へ、ゼロックス以外にもOEM供給

2019.11.5

発表する富士フイルムHDの古森会長・CEO

発表する富士フイルムHDの古森会長・CEO

富士フイルムホールディングス(以下富士フイルムHD)は11月上旬を目処に富士ゼロックスを完全子会社化する。ゼロックスコーポレーション(以下ゼロックス)から富士ゼロックスの株式25%を22億ドルで取得。合わせて欧米でレーザープリンターなどのOEM供給を行うゼロックスと富士ゼロックスの合弁事業「Xerox International Partners」の持ち分及びOEM権も1億米ドルで取得する。

富士ゼロックスはこれにより欧米をはじめ、ワールドワイドでゼロックス以外へのOEM供給を拡大。ゼロックスに対しては中長期的に製品供給を継続する。また、ゼロックスへの買収合意破棄に伴う損害賠償請求を取り下げることも合意した。

富士フイルムHDは2018年1月にゼロックス買収を発表していたが、ゼロックス側の株主の反対で難航していた。11月5日の記者発表会で富士フイルムHDの古森重隆会長・CEOは将来的なゼロックスとの経営統合を否定。純利益の100%計上やワールドワイドでの製品供給など富士ゼロックスの完全子会社化のメリットを強調した。