印刷業界ニュース ニュープリネット

コダック プロセスフリープレートの導入効果を瞬時に測定するオンラインツール開発

2019.10.25

コダックはプロセスフリープレートへの移行を検討する印刷会社を支援するため、オンラインツール『SONORA Plate Savings Estimator』を開発した。これにより印刷会社が有処理プレートからKODAK SONORAプロセスフリープレートに切り替えた際に削減できるコストをシミュレーションできるようになる。

SONORAは現像処理工程を不要にした印刷用プレート(プロセスフリープレート)。世界中で4,000社以上の印刷会社が採用し、国内でもユーザー数が拡大している。従来の刷版現像工程では、CTP機器で画像を露光してから、水、エネルギー、化学薬品を使用する処理が必要だった。また、現像液の状態により品質面での変動が発生し、作業効率やコストに影響を与えていた。

『SONORA Plate Savings Estimator』は印刷会社がプレートの使用量や使用中の有処理プレートの種類、プレート価格、事業所の所在地などの情報を入力するだけで、SONORAを採用した際のコスト削減効果を見積もることができる。