印刷業界ニュース ニュープリネット

電通 フォーステック社と業務提携し、サーキュラーエコノミーを推進

2021.8.24

2_normal

電通は、8月24日、フォーステックと業務提携し、IoTスマートリサイクルボックス「SmaGO(スマゴ)」を活用した共創型ビジネスでサーキュラーエコノミーを推進する。

同提携により、電通はゴミ回収・処理・再生利用などの社会課題に対して、SmaGOを起点とした企業・自治体との共創型ビジネスモデルの構築や、強みとするマーケティング・コミュニケーション戦略支援を通じ、SmaGO普及にむけたPR活動、蓄積されたプラスチックゴミ等を再利用したプロダクト開発、ビーコンなど現状実装されていないテクノロジーを掛け合わせた次世代 SmaGOの開発など、社会実装を推進し、より一層のサーキュラーエコノミー推進に貢献していく。

 

IoTスマートリサイクルボックス「SmaGO」とは、ソーラーで発電・蓄電した電気を使い、ゴミを自動圧縮することで、同サイズのゴミ箱5〜6杯分ほどの容量を一度に捨てることが可能になる。加えて中にあるゴミの量をセンサーで把握し、適切な回収タイミングをゴミ回収業者に通知することで、ゴミ回収の頻度とコストを大幅に削減し、回収作業に伴うCO2排出量までも削減する。さらに集めたゴミの処理ステップ自体を可視化し、ゴミを資源として再利用してモノづくりを行う企業との、連携機能の実装も進めている。

現在までに世界46カ国で7,000台以上導入されており、特にアメリカ合衆国のフィラデルフィア市では、市の環境プロジェクトとして1,300箇所以上に設置。年間335トンのCO2排出量を削減している。