印刷業界ニュース ニュープリネット

リコー AIを活用して業務効率や価値創造を支援するサービス「仕事のAI」提供開始

2021.6.18

リコーは、顧客企業から許諾を得てお預かりした顧客固有の情報資産(文書や映像、画像、音声などの各種データ)を自然言語処理AI(人工知能)で分析し、業務の効率化や新たな価値の創造を支援する新サービス「仕事のAI」の提供を開始する。これにより、大手・中堅企業だけではなく中小企業までの幅広い顧客企業に向けてラインアップを拡充していくことで、オフィス/現場のデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援していく。

 

仕事のAI_概念図1

「RICOH 品質分析サービス Standard for 食品業」の概念図

 

その第1段として、食品業界の大手・中堅企業向けに「RICOH 品質分析サービス Standard for 食品業」を7月中旬に発売。コールセンターやヘルプデスクに集まる膨大な問い合わせ情報(VOC)を自然言語処理AI で分析し、重要度順に表示。これにより迅速な顧客対応や品質改善によるリスク低減などに貢献する。

 

 

「仕事のAI」は、国内販売会社のリコージャパンがニューノーマル(新常態)環境下での業務効率化や生産性向上を実現するソリューション商品群として提供する「RICOH Digital Processing Service」のラインアップとなるもの。

「仕事のAI」により、各企業持つ固有の情報資産をお預かりし、独自の自然言語処理AI 技術を用いて分析することで、さまざまな事象の動向や傾向の把握、将来の予測などを効率的かつ高精度に行うことを支援する。これにより、これまで業務に精通した人が行ってきた「問題の発見」「課題解決策の策定」「新たな価値の創出」といった付加価値の高い業務を、デジタルの力を活用してよりスムーズに極力人手を掛けずに、人の判断によるばらつきを抑えて行えるように支援する。