印刷業界ニュース ニュープリネット

理想科学工業 鹿島アントラーズ、茨城新聞とコラボで教材「よみとき新聞ワークシート」を無償配信

2020.9.25

riso_kdomosinbun_catch

「よみとき新聞ワークシート」

理想科学工業は、10月より鹿島アントラーズF.C、茨城新聞社とコラボレーションし作成した「よみとき新聞ワークシート」の無償配信を開始する。

「よみとき新聞ワークシート」は、新聞の記事と専用の学習書式を組み合わせたワークシート教材で、子どもたちの社会への関心や読解力・表現力の向上を目的とし、理想科学が2018年4月に開始したPDF教材の無償提供サービス。

先生方は理想科学製の高速カラープリンター「オルフィス」やデジタル印刷機「リソグラフ」でワークシート教材を印刷し、子どもたちに配付。子どもたちは新聞記事を読み、5W1Hの読み書きと、感想・意見の記述を合わせて15~20分程度の学習が行える。朝学習や総合学習、国語・社会の授業教材、宿題など、幅広く活用できる。

今回、鹿島アントラーズのパートナーである茨城新聞社と理想科学は、鹿島アントラーズとコラボレーションし、ワークシート教材を作成。茨城新聞に掲載された鹿島アントラーズや茨城県内の記事を採用しており、鹿島アントラーズのロゴやマスコットキャラクター「しかお」をあしらったワークシート教材となっている。小・中学生が親しみをもって地域社会について学べるようサポートする。

 

同サービス提供の背景には、新学習指導要領の全面実施がある(小学校は2020年度から、中学校は2021年度から開始)。総則には「主体的・対話的で深い学び」(アクティブラーニング)の実現に向けた授業改善にあたり配慮する事柄として、新聞の活用が記されている。全面実施を控え、教員からは知識と技能を活用して子どもたちが自ら考え、判断し、表現する力を向上する学習教材が求められている。理想科学工業では、同サービスの利用により、教材作成の手間や時間をかけることなく、新学習指導要領に沿った効果的な学習教材を活用できるとしている。