印刷業界ニュース ニュープリネット

東京グラフィックス 「ビジコン!」で最優秀賞を大瀧印刷紙器が受賞

2020.2.25

プレゼンする大瀧印刷紙器の大瀧氏

プレゼンする大瀧印刷紙器の大瀧氏

東京グラフィックサービス工業会が主催する、新しいビジネスアイデアのコンペティション『ビジコン!』の入賞作品が決定し、最優秀賞を大瀧印刷紙器の「折り畳み式紙製撮影用ジオラマシート」が受賞した。第7回目を迎える今回は、42点のビジネスアイデアの応募があった。

 

今回の『ビジンコン!』は、印刷・紙関連アイデア、一般ビジネスアイデアの2テーマで募集。審査は、おもちゃクリエイター高橋晋平氏、創業・起業支援の専門家で中小企業診断士の伊豫田竜二氏による採点で上位10作品を選出した。

2月17日には東京都中央区のニッケイビルで、入選者によるファイナルプレゼン大会が開催され、最優秀賞(東京都知事賞)1点、第2位(東京都産業労働局長賞)1点、第3位(東京グラフィックス会長賞)1点が選出された。

「折り畳み式紙製撮影用ジオラマシート」

最優秀賞の「折り畳み式紙製撮影用ジオラマシート」

『ビジコン!』は、東京グラフィックス会員・賛助会員だけでなく、広く一般都民からビジネスのアイデアを募集し、優れたアイデアを顕彰することで、グラフィックサービスの業界活性化と市場の開拓を図るもの。

 

入賞3作品は、5月27日、東京・上野の東天紅で開催される「東京グラフィックス定時総会」で表彰される。

また、ファイナルプレゼン大会の模様は後日、ジャグラBBで放映を予定している。

 

 

<『ビジコン!』入賞作品>

【最優秀賞(東京都知事賞)】

「折り畳み式紙製撮影用ジオラマシート」(印刷・紙関連)大瀧印刷紙器・大瀧将聖氏、文京支部

 

【第2位(東京都産業労働局長賞)】

「思い家(おもいえ)」(一般ビジネス)研美社・西岡佐記氏、中央支部

 

【第3位(東京グラフィックス会長賞)】

「ワインラベル バーチャル スクラップ クラウドアプリ」(印刷・紙関連)東京技術協会・鈴木將人氏、港支部

 

【佳作(順不同)】

・「縁を結ぶ おむすび販売機」(一般ビジネス)研美社・葛西信治氏、中央支部

・「レベル上げ代行 」(一般ビジネス)研美社・田中咲江氏、中央支部

・「サクラを見分ける会 」(一般ビジネス)研美社・田中咲江氏、中央支部

・「世界一周商業娯楽施設『ワールドプレイス』」(一般ビジネス)イナミツ印刷・後藤裕太氏、港支部

・「プロレス型スポーツジム」(一般ビジネス)イナミツ印刷・後藤裕太氏、港支部

・「忍者ホテル『KAKUREZATO』」(一般ビジネス)イナミツ印刷・後藤裕太氏、港支部

・「みんなで働き方改革」(一般ビジネス)東京プリント・児玉年史氏、城西支部