印刷業界ニュース ニュープリネット

袋井市と凸版印刷 経済産業省『「未来の教室」実証事業』に2年連続で採択

2019.10.4

静岡県袋井市と凸版印刷は、経済産業省の2019年度『「未来の教室」実証事業』に、2年連続で採択された。

袋井市と凸版印刷は2018年度も同事業に参画しており、袋井市立三川小学校で、教科書の内容をデジタル・ドリルで学ぶサービスを使用し、基礎学習の習熟度を高い水準に維持しつつ、授業時間を圧縮することに成功した。その結果、教員は捻出された時間を活用し協働学習を実践することで、児童の思考を深める学習を行うことができた。その実証の成果が評価され、今回の採択に至った。

今年度は袋井市立浅羽北小学校が同実証事業のモデル校として選定。同校で凸版印刷が『学びの自立化・個別最適化』に関する実証(以下 本実証)を、2019年10月から12月までの3ヵ月間実施する計画。