印刷業界ニュース ニュープリネット

「THINK SMART FACTORY 2019 IN KYOTO」の来場登録が開始

2019.6.11

「つながる」をイメージしたThink Smart Factory 2019 IN KYOTOのビジュアルイメージ

「つながる」をイメージしたThink Smart Factory 2019 IN KYOTOのビジュアルイメージ

TSF2019実行委員会主催により、11月11日から13日の3日間にわたり、京都「みやこめっせ」で開催される「THINK SMART FACTORY 2019 IN KYOTO」の来場登録が開始した。

 

IoTの普及により、社会は繋がる時代へと本格的に動き始め、印刷業界においても、その流れは次第に加速を強めている。こうした中、設備を提案・販売するメーカーにおいても、単なる自動化や省人化といった流れではなく、時代背景を正しく捉えたビジネスそのもののエコシステム提案が求められている。

2018年に開かれたIGAS2018会場では、市場リーダーとなる9社がホリゾンブース内に設置したSmart Factory Zoneに集結し、ユーザーと共にSmart Factoryの実現に向けたセッションを繰り広げ、大きな反響を得ている。その熱意を次につなげる取り組みとして、新たにTSF2019実行委員会を結成し、「Think Smart Factory 2019 IN KYOTO」を開催することとなった。

TSF2019実行委員会のメンバーは、キヤノンマーケティングジャパン、富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ、グーフ、日本HP、Hunkeler AG、JSPIRITS 、コニカミノルタジャパン、レゾロジック、リコージャパン、リョービMHI グラフィックテクノロジー、SCREENグラフィックソリューションズで構成されています。ユーザーサイドからは日本写真印刷コミュニケーションズ、ニューブックが参画を計画している。

 

会場内では、ホリゾンのポストプレス機器を中心とした最終成果物視点で考えるワークフロー構築をキーに、各ベンダーのワークフローを繋ぎ、入り口から出口までを実稼働の中で確認することができるEnd to Endのワークフロー構築へと繋げられることを表現する。また自動搬送車やロボット等を取り入れた実稼働を通してデジタルだから出来る“オートメーション”や、デジタルだから出来る“高画質印刷”といった展示の準備も進めている。

加えてIGAS2018のホリゾンブース内と同様にSmart Factory Zoneを設置し、国内外の登壇者による3日間で16セッションを同時通訳付きで実施する予定。

 

<THINK SMART FACTORY 2019 IN KYOTO概要>
会期:11月11日(月)〜13日(水)
場所:みやこめっせ(京都市勧業館:京都市左京区岡崎成勝寺町9-1)
https://thinksmartfactory.com/

 

問合せ先:ホリゾン・インターナショナル株式会社 TSF2019実行委員会事務局
電話0740-25-2002