印刷業界ニュース ニュープリネット

方正&アスコン AI校正システムを開発。AIによる校正支援でチラシ制作コストを大幅削減

2018.10.5

方正㈱代表取締役社長 管祥紅氏(左)と㈱アスコン 代表取締役社長中原貴裕氏

方正㈱代表取締役社長 管祥紅氏(左)と㈱アスコン 代表取締役社長中原貴裕氏

方正と青山商事のグループ企業であるアスコンは、AIを利用したチラシ校正支援システムを開発した。

今回開発したAI校正システムは、 チラシ原稿の文字データと制作結果の画像データをAIが自動識別・比較することで校正モレの箇所を発見するもの。 校正に掛かる時間とミスを大幅に軽減でき、制作効率と品質が向上する。 既にアスコンのチラシ制作現場で実運用検証段階に入っており、 労務削減による制作コストダウンとミスの削減が期待されている。

 

チラシ紙面を制作したPDFデータに掲載商品の境界線をAIが判断し区分けする

チラシ紙面を制作したPDFデータに掲載商品の境界線をAIが判断し区分けする

方正・アスコンの2社は、 今後、AI学習を継続することによって校正精度を高め、 全国の印刷会社や制作会社が利用できる校正支援サービスを共同で運営する計画で、サービスモデルを想定した特許を出願。方正では、今回の校正AIをはじめ、これまで培った他のAI技術も応用したソリューション実績を広く展開したい考えだ。